トップページ >  研究紀要 > 研究紀要124号

研究紀要124号 

 2019年4月
下記の研究主題を左クリックすると紀要のPDFが開きます
巻頭 研修と研究の先にあるものを常に意識して 所長 牧野行治
特別寄稿 CAN-DO活用と英語語彙指導を融合した発信技能育成の試み
-福井県教育総合研究所での実践-
特別研究員 投野由紀夫
探究の過程を実現する物理基礎授業の試行
 -次期学習指導要領を実現する授業実施のために-
特別研究員 川角博
持続可能な幸せを育む学校づくりへの挑戦
 -ポジティブ心理学の知見を教育に活かす-
特別研究員 菱田準子
研究 研究論文ダイジェスト
学び続ける教員を支えるための研修
 -教員育成指標を活かした研修にするために-
教職研修センター 教員研修課
学校現場における学力調査の活用推進に向けて(Ⅲ)
 -学力向上に向けた学力調査の活用-
教科研究センター 小中学校教科研究課
学力向上グループ
福井らしさの継承と発展
 -県外派遣教員がみた福井県の教育力-
教科研究センター 小中学校教科研究課
学力向上グループ
生徒の語彙や表現を豊かにする研究
 -やり取りを通しての語彙指導と『「コーパス」を活用した中学生の
 ための英語表現集(増補版)』の作成を通して-
教科研究センター 小中学校教科研究課
英語教育グループ
先生と児童のやりとりを意識した言語活動
 -英語絵本を活用して-
教科研究センター 小中学校教科研究課
英語教育グループ
新しい大学入試を突破する力を育てる学力向上策の研究
 -新学習指導要領が求める学力の育成-
教科研究センター 高校教科研究課
地方創生を担う人材をはぐくむ教育の在り方
 -主権者教育、ふるさと教育の充実に向けて-
教科研究センター 新教育課題研究課
プロジェクターを活用した高校数学における授業改善の取組み
 -生徒の主体性を育み、深い学びを実現する授業を目指して-
教科研究センター
複数組織の連携協働による事業推進
 -先端教育センターの事業概括を通した連携協働の意義と着眼点-
先端教育研究センター
実践報告 ダイジェスト
教育現場のニーズに応える支援方策を探る
 -訪問研修を通した支援より-
教職研修センター 専門研修課
科学的な見方・考え方を磨く実験・観察の実践
 -課題解決力や探究力を育てる理科教育をめざして-
教科研究センター 理科教育課
専門家の協働によるチーム支援の在り方(Ⅱ) 教育相談センター 教育相談課
学校サポートプログラム活用事例(Ⅱ)
 -小学校におけるソーシャルスキル・中学校におけるピア・サポート・
 地域全体で取り組むポジティブ教育の実践研究-
教育相談センター 教育相談課
また来たい、と思える博物館に
 -教育博物館 2年目の取組み-
教育博物館