• トップ > 教育相談(教職員対象) 現職教育

教育相談(教職員対象) 現職教育

教育相談・学級経営に関する現職教育を校内で実施したい

御校の職員研修会や地区の教育相談研究会などで、所員が講師やファシリテーターを務めます。
ただし研修は、OJTにつながる、広がりをもつ計画性のあるものとします。
申し込み前に、教育相談センターにご相談ください。
<教育総合研究所教育相談センター> 直通電話(業務用):0776-58-2180


研修内容例

(学校の実態に応じて内容の変更が可能) 申込用紙はこちら

〇校内におけるチーム支援のあり方

教育相談におけるチーム支援の重要性を理解し、効果的な支援のあり方について考える。

〇児童生徒理解と学級づくり

現代の児童生徒を取り巻く状況を理解し、「縦糸」を作る指導と「横糸」を作るしかけについて考える。

〇いじめやネット等に関する問題の理解と対応

いじめの構造やデジタル時代の児童生徒を取り巻く状況を理解し、いじめの予防やICTの善き使い手の育成について考える。

〇SOSの出し方に関する教育について

危機的状況にある児童生徒の現状を理解し、学校における予防教育や支援体制について考える。

〇気がかりな児童生徒への対応

発達障がいや愛着などについて理解を深め、個別の支援のあり方を考える。

〇Q-Uで分かる学級の“今”と“これから”

Q-Uの結果の基礎的な見方を理解し、今後の学級づくりについて考える。

〇アセスを使った児童生徒理解

アセスの使い方と活かし方を理解し、効果的な学校適応支援について考える。

PAGE TOP