お水送り

お水送りの由来


奈良東大寺の「お水取り」に先がけて、神宮寺と遠敷川(おにゅうがわ)・鵜の瀬(うのせ)でおごそかに繰(く)り広げられる伝統的神事です。
毎年3月 2日に行われ、奈良東大寺・二月堂への「お水送り」となる神事です。

春を告げる行事として全国的にも有名な奈良東大寺二月堂の「お水取り」。その水は、若狭小浜の「鵜の瀬」から送られ、10日かかって東大寺二月堂の「若狭井」に届(とど)くとされています。
 かつてのシルクロードの玄関口、若狭・小浜から奈良へと伝えられた大陸文化や南蛮(なんばん)文化の歴史の足跡が、あざやかにこの伝統行事の中に残されているともいえます。
 すなわち奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事です。


和銅(わどう)7年(714)白石明神直系の「和の朝臣・赤麿(あかまろ)」が神願寺を建立し、遠敷明神(おにゅうみょうじん)をまつったのが神宮寺の始まりです。
 東大寺を開山した良弁(ろうべん)僧正は、若狭小浜の下根来(しもねごり)(白石)出身とされ、大仏建立には当時若狭にて修行中のインドの渡来僧・実忠(じっちゅう)が招かれています。
 天平勝宝 4(752)年、この実忠が東大寺二月堂を建立し、修二会(しゅじえ)を開いて全国の神々を招きました。ところが、遠敷明神が漁に夢中で時を忘れて遅刻(ちこく)しました。そのおわびに本尊(ほんぞん)に供えるお香水を若狭から送ると約束し、二月堂の下の岩をたたくときれいな水が湧(わ)き出したと伝えられます。そこでこの湧水(ゆうすい)に命名されたのが「若狭井」です。


お水送りの様子

お水送りの神事は、3月2日午前10時から下根来(しもねごり)八幡宮の長床(ながとこ)で行われる山八神事から始まります。供物の赤土饅頭(まんじゅう)をつけた棒で宮役が外陣の柱に勢いよく「山」「八」と書いて豊作を祈願します。
 午後1時からは神宮寺本堂で修二会が営まれ、神宮寺遠敷明神宮前では弓打ち神事、弓射大会が行われます。
 午後6時頃からいよいよ「お水送り」の始まりです。
 神宮寺本堂の回廊(かいろう)から赤装束(しょうぞく)の僧が大松明(たいまつ)を左右に振りかざす達陀(だったん)の行が行われ、大護摩(ごま)に火が焚(た)かれます。そして、山伏(やまぶし)姿の行者や白装束の僧侶らを先頭に、大護摩からもらいうけた火を手に、三千人ほどの松明行列が、2Km上流の鵜の瀬へ向かいます。
 鵜の瀬で護摩が焚かれると、いよいよ送水神事の始まりです。白装束の住職が祝詞を読み上げ、竹筒(つつ)からお香水(こうずい)を遠敷川へ注ぎます。
 そして、このお香水は10日かかって東大寺・二月堂の「若狭井」に届くとされており、よって奈良のお水取りは  3月12日に行われるのです。

映像出典:福井県イメージアップ情報デジタルアーカイブ推進事業「ふっくらふくいのデジタル玉手箱」


鵜の瀬(うのせ)

お水送りの神事の舞台となるところです。
また、環境庁(かんきょうちょう)より、名水百選に認定されています。


神宮寺
天台宗(てんだいしゅう)の寺院です。 
毎年3月2日、奈良二月堂へお水送りを行う寺院として知られています。

元明天皇の時代、和銅7年(714)、泰澄(たいちょう)大師の弟子、滑元が創建し、翌年、勅願所(ちょくがんしょ)となり、神宮寺と称(しょう)しました。
鎌倉初期、若狭彦神社別当寺神宮寺と改名し、七堂伽藍(がらん)二十五坊を誇(ほこ)るまでになりました。
その後、豊臣時代に寺領没収(ぼっしゅう)され、さらに明治初期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によっておとろえました。
しかし、お水送りの舞台として長い歴史を誇る伝統行事を今に伝えています。

本堂(重要文化財)

室町時代の建立
単層(たんそう)入母屋造(いりもやづくり)檜皮葺(ひわだぶき)和様(わよう)を主体に天竺様(てんじくよう)繰形、唐様(からよう)束梁などの手法を用い、軒隅の反転なども美しく華麗 (かれい)な姿です。

木造男神・女神像(重要文化財)

男神像は衣冠束帯(いかんそくたい)姿 49.1cm
女神像は小袿姿 50.9cm
南北朝時代の作
<参考>
衣冠:朝廷に出る式服、冠(かんむり)に袍(ほう)という上着、指貫(さしぬき)というはかまを身に着ける。
束帯:天皇・諸官の正式の服装
袿:うちぎ:平安時代婦人が唐衣(からきぬ)の下に着た衣服



神宮寺は奈良二月堂へ「お水送り」を行う寺院として知られています。
ここからはるばる奈良二月堂の「若狭井」へお水がとどくという伝説のスタートの舞台です。


仁王門(北門)(重要文化財)

鎌倉時代末期の建立
単層切妻造(きりつまづくり)こけら葺(ぶき)和様の八脚門。
両端に木造金剛力士像(こんごうりきしぞう)を安置しています。

いわゆるあ・うんの像です。

    
かつて大伽藍を誇ったころの様子が描かれた図 今の神宮寺